So-net無料ブログ作成
検索選択

V6が元気の源。Music is Magic! はてブロはこちら↓
http://bunko8383.hatenablog.com/

報。 [2011年まで]

ちょっと気分で、一文字タイトルです。



今日久しぶりに「報いる」という言葉を使いました。

携帯のメールを打っていて
一番適切な言葉を考えていたら、
ふっと「報いる」という言葉が浮かびました。

******************************************************************

私がこれまでの人生で「報いる」という言葉を使ったのは
後にも先にも一度きりです。

大学3年の3月。
スプリングコンサートの前日。
毎年恒例のおまけビデオ撮影をしているとき。
明日への意気込みは?と聞かれて

「みんなの努力に報います。」

と。

自分の実習とかぶりながらコンテを書き、
毎日練習時間を分刻みで考えていた。
しつこくしつこく練習を繰り返して、
メンバーみんなができるようにしていた。
ものっすごくこだわってベストの衣装を作ってた。
毎日寝ずにアレンジしてた。
今まで見たことのないパフォーマンスを考えて
そしてそれを実現した。

みんながみんな、それぞれの役割を持っていた。
そして、「どの年よりも感動してもらえるドリルステージ」のために
とにかく全力だった。

そこで、私ができることは?私が私の役割ですべきことは?

そんなことを考えながら、本番、心を込めて棒を振っていたように思います。
(結局若干ミスしましたが・・・ゴメンナサイ)



けど「報いる」って、

「受けた恩や払われた労力などに対して、ふさわしいお返しをする。」

っていう意味なんですよね。
別にみんなのがんばりは私に対して向けられていた訳じゃないのに
報いるっていう言葉を使ったのは変だったのかも・・・
と、今日冷静に思ってしまいました。
でも、当時はみんなのがんばりをとにかく無駄にしたくない!
という想いでいっぱいだったように思います。


また、全力な時間を過ごしたい。と、漠然と思いました。
そう思いながら「ワークライフアンバランスの仕事術」
という本を読んでいます。
まだ20%ぐらいしか読んでいないですが
就職してから読んだ本ベスト3に間違いなく入りそうです。


ワークライフ“アンバランス”の仕事力


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。