So-net無料ブログ作成
検索選択

V6が元気の源。Music is Magic! はてブロはこちら↓
http://bunko8383.hatenablog.com/

思考。 [2011年まで]

10日ほど前、就活においての軸が曖昧すぎるから、もう少しいろんなことを洗いなおした方がいいと言われた。
ぐらぐらし始めている自覚があっただけに、大打撃だった。
日記として自分の想いをまとめようとすることさえもはばかられるほど、自分が考えていることに自身が持てなくなった。

今日、3つの出来事があった。

1つ目。
友達に夕飯をご馳走になった。そのとき、今の就活の状況などを話した。
ぶんちゃんは考えすぎだ。
いろいろ考えてても、結局そのときに思いついたことを行き当たりばったりにしてしまう。
というような内容のことを言われた。

そのとおりだと思った。
「考えすぎ」というのは、これまで何人もの人に、幾度となく言われてきた。
でも、何度言われても「考えすぎではなく、適度に考える」という状態がじゃあいったいどんなものなのか、私にはわからなかった。正直、今でもわかっているとは思えない。

私は、基本的には直感の人だ。
ひらめいたことが自分が出せる一番いい考えだと思う。
でも、ひらめいたことをそのまま自分の意見にするのは怖い。
だから、その考えで本当にいいのか、本当はだめなのか、理由を一生懸命探し始める。
おそらくこの状態が、私の考えすぎの状態。
でも、考えすぎになって、結局答えが出ない。
結局決めなきゃいけないとときに思いついたこと、または最初に思いついたことを答えとして出してしまう。
その答えに根拠は・・・ない。
ぐちゃぐちゃと考えていたことと、結局結びついていないからだ。

でも、今日言われたことで、ちょっと考え方を変えればいいのかもしれないと思った。
たぶん私のよくないところは「考えすぎること」ではなく、
結局行き当たりばったりに結論を出したり、生きてることなんじゃないかと。
そもそも私の「考えすぎ」はおそらく自分では止められない。
気づいた時にはもう考えてしまっているのだ。
じゃあ、考えたことをもとに、自分で結論をきちんと出せばいいのではないか?と思うのです。
私は、考えすぎの状態になると、答えを出すのがだんだん怖くなります。だから、行き当たりばったりに行動してしまう。
しかも、実はいろいろ考えてるふりして、実は何も考えてなかったとかいうこともよくあるのです。

腹をくくって、答えを出すこと。
出した答えにしたがって行動すること。

それが私に必要なことなんじゃないかと、
彼女と話をしていて、感じました。

今日の出来事、2つ目。
別の友人から貸してもらった『ピアノの森』という漫画9巻分を
3時間弱で読みきった。

本を読んで感じたこと

勝つ相手は自分自身。
自分の音楽ができたとき、最高に幸せになれる。
自分のピアノを好きになれ。
天才は、放っておいても天才であり続けられない。努力が天才を天才たらしめる。

私は、自分の指揮が実はかなり好きだった。
かっこよく見られたくて、なんとか努力らしきことをしていた。
同じぐらい好きになれる仕事がしたい。
自分が、自分のことを好きでいられるような仕事がしたい。
今私が努力しなきゃいけないことは、そんな仕事を探して、そしてその仕事をしよう。と決めることだと思う。

今日の出来事3つ目。
大学院の哲学科を卒業された先輩の日記を読んだ。

日記を読んで感じたこと

>大抵の人が「それ、ちょっとおかしくない?」と思っていることを自分も同じように「それ、ちょっとおかしくない?」と思える感覚って、結構大切
>頭を使うのをやめたら、本当の意味で「その他大勢」になってしまう気がするのですよね
>世の中みんなが革命家だったらエライことです。

私は、普通の人にはなりたくなかった。
中学生ぐらいのときまで、勉強ができて、部活も一生懸命で、生徒会にも出て、親の言うこともよく聞く自分は、めちゃくちゃ特別ですごい存在だと信じて疑わなかった。
でも、進学校と言われる高校に行って、そんな人間世の中にもっといっぱいいるんだということを、身に染みて感じた。
めちゃくちゃ悔しかった。でも、私はそこで這い上がれず、折れた。成績はずっと下の方だった。受験前に塾で相性のいい先生に出会い、なんとか公立大学には入れた。それでも、私は実はもっとすごいことができる人間なんじゃないかとまだ思っていた。でも、大学でも、私は自分の思うすごい人にはなれなかった。
だから、本当にすごい人になりたくて、役者の道を選んだのかもしれない。
でも、自分よりもっと魅力的で、その存在にお金を払われるべき人がたくさんいた。自分よりもっと厳しい環境で、もっと厳しい努力ができる人がたくさんいた。

私は、自分が特別な人間ではないと、やっと気がつけた。

でも、同時に、私が思う特別じゃない人でも、十分幸せなんだって、アルバイトでたくさんのお客さんを見ていて知った。
私は、特別な人間じゃないと幸せじゃない。と思っていたようだ。
そんなことないのにね。
それを知るのに22年もかかりました。

普通の人なら普通の人なりに、じゃあ自分の存在はどこにいれば行かされるんだろう?どこにいれば自分は生き生きできるんだろう?
そんなことを頭を使って一生懸命考えて、答えを出して、そっちに向かって進んでいくことで
普通の人なりの『Only One』になれるのかな。

とかいうことを、真夜中に思考してみました。

エントリーシートでは結論から書く!とか言われるけど、私の日記には結論から書く!はやっぱり使えません。
こんな読みにくくて支離滅裂の文章ですが、これが今の私なんです。
ごめんなさい。

私はこんなことを今日考えましたー。だれか「それはなんかおかしいんじゃない?私はこう思う!」って言ってほしいし、言ってくれなくても同じようなことで悩んでる人に、私はこう考えてるってことを知ってほしいなって思ったので、誰にも見られない日記帳じゃなくて、こうやって人の目にさらされるところに書いた次第であります。

自分の方向性を決めるため、もう少し考えます。
とことん考えさせてください。
結論は、必ず出します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る